睡眠の種類とは?

睡眠の種類とは?

睡眠の種類とは?

睡眠には、『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』という2つの種類があります。
通常はレム睡眠から入り、ノンレム睡眠に変わって熟眠感を得られるようになります。

 

これらの睡眠の種類を簡単に分類すると、
レム睡眠=浅い眠り ノンレム睡眠=深い眠り と、なります。

 

レム睡眠

浅い眠りなので、まだ脳は寝ていない状態です。
うとうとすると、眠いけどなんとなく意識はありますよね。そのような状態がレム睡眠となります。
このレム睡眠が続いてしまうと、熟睡できず脳も休息をとれないので、疲労感が回復しません。
睡眠中に私たちの細胞は修復活動を行いますから、レム睡眠では回復もままなりません。

ノンレム睡眠

脳もしっかり休めて、疲労は回復する仕組みになっています。疲れも癒されて、翌日はスッキリ。
つまりは、ノンレム睡眠をとることが理想的であり、良質な睡眠です。
ですが、不眠になるとノンレム睡眠がとりにくくなり、疲れが溜まってしまうのです。

 

快眠サプリは含まれる成分にもよりますが、その良質な睡眠を促してくれる力があります。